開店40周年のジャズ・セッションバー
イントロの電話番号

ボーカルを楽しむ会

 ボーカルを楽しむ会は、1971年にレコード屋やジャズ喫茶で知り合った同好の士が,それぞれの家に集まって好きなレコードを聞かせる所から始まった。その中、どこか喫茶店を借りてやろうということになり、中央線の阿佐ヶ谷にあった「毘沙門」でのコンサートが始まった、毎月一回テーマを決めてボーカルのレコードを聞くことになった。そうこうする中に「毘沙門」が閉店することになる。その頃常連で参加していたメンバーの一人が、高円寺で「洋燈舎」というジャズ喫茶を開く事になり、そこで例会をやらせてもらう事になった。フランキー・ランダールやジョー・デリーズなどマイナーな歌手からエラ、サラ、カーメン、シナトラなど多くのシンガーが特集に登場した。何枚かレコードを出しているシンガーは殆どが登場したかもしれない。毎月案内役が変わってそれぞれ自分の好きなシンガー、楽曲などを特集してきた。普段自分では、積極的に聞かない歌手を聞いて新しい発見も幾つもあった。

 1988年12月に「洋燈舎」が閉店することになり、現在の「イントロ」に例会の場所が移った。イントロのマスターも古くからのボーカルの会のメンバーだった。この会の特色は、会則なし、会費なし、会報なしで、とにかく、ボーカルのレコードが好きな人は誰でもいつでも参加できるという所だろう。学生時代良く顔をだしたが、就職して暫く来なくなったが何年振りで顔を出したり、年に2・3回顔を出す人がいたり、と色々な人がいる。特集する音楽は、ボーカルとは言っても、ジャズ喫茶の場所を借りてやるので「ジャズっぽいボーカル」に限られる。ボーカル研究会などという人もいるが、そんなアカデミックな会ではなく、とにかくボーカルを楽しもうというのが主眼の会だ。毛色の変わった所では、ニューヨークから来たシンガー、ロニー・ホワイトが実演で参加したり、ロシアから来た、ヴィクター・デュビレールが、ロシアのジャズ・ボーカルの歴史の話を音を交えてした事もある。例会の後の二次会も情報交換の場として、昔から、大変有益な機会だ。

 とにかく、毎月最終日曜日の午後一時からと決まっているので、ボーカルの好きな人は何時でも気軽に参加できる。そして、自分の気に入っているヴォーカリストのレコードなどをラジオのDJでもやっている気分で特集で聞かせて欲しい。肩肘の張らない気楽な会なので、新たに参加してくれる人は、その時特集の案内をやっている人に「今日はじめて来ました」と一声かけてもらえると嬉しい。大体二次会が紹介の場となるので、そこでお話を聞かせてもらうことになると思う。

主宰・高田敬三


>> 詳細はこちら